最新のつぶやき(ツイログ)は
こちら
        過去のつぶやき(イマドキの娘とイマドキの私のつぶやき)はこちら
        イマドキの娘とイマドキの私 --左上腕骨外科頚骨折&大腿骨頚部骨折の記録 --はこちら
jitensya1.gif



2010/Aug/26

hhhhh.gif   両親の母国語と子供の語学力考察

もうすぐ 8 月も終わり。今年の 6 月、YIS を旅立っていったサラの同級生の中で、海外の大学を選んだ仲間は続々と日本を離れているそうです。

「A ってさ、もうアメリカにいるみたい。Facebook で普通に会話してたから、まだ日本にいるかと思ったんだよね。びっくり!」

そんな時代なんですね。地球は狭くなりました。

夏休みで一時帰国している近所に住むサラの先輩 H は、夏休みが終わったらすぐにアメリカに戻るのと思いきや、諸事情により 11 月まで日本に留まるとのこと。日本の美大を目指すサラに「相談がある」との連絡があり、先日二人で何やら密談してきた模様(ってか、私は相談の内容を全部知っているので「密談」ではないか^^;)。

この先輩 H は、韓国人の両親を持つ日本生まれの日本育ち。両親は大人になって来日しているため、日本語を話しますが、決してネイティブではありません。当然母国語は韓国語。。。のはずなのに、その息子である先輩 H は韓国語をまったく話せないのです。ということは、家では日本語を話しているってことですよね。。。うーん、、不思議。

また、同じく韓国人の両親を持つ日本生まれの日本育ちの別の女の子は、母親が英語、日本語、韓国語を話すため、親子の会話は 3 か国語が入り乱れているそうです。

母親が日本人で父親が外国人のハーフの子は、学校で英語を話していても、家では母親と日本語で話している子がほとんどなので、外国の姓を持っていても日本語はネイティブクラス。学校の日本語の授業では、日本人と同じネイティブクラスに入ってくるケースが多かったようです。

かたや、父親が日本人で母親が外国人の場合、母親が日本語を話せないことが多く、その子供の日本語は、良くてセミネイティブクラス。英語なまりのたどたどしい日本語しか話せない子もいるみたいですね。父親が日本人なので、「鈴木」や「佐藤」など、名字はりっぱな日本人なのですが、仕事をしている父親と日本語で話す機会が少ないのでしょう。学校で英語、家でもほぼ英語だと、日本育ちでも日本語を覚えられませんよね。。。

サラの日本語は当然完璧。。。のはず。最近では日本語の本もかなり読んでいるので、漢字の読みについては、普通のレベルに追いつきつつあるのですが、どうも「書き」がいまいちのようです。ってか、それ以前に字がかなり下手。あんなんでは将来困るのではないか、、、と心配しております。ペン習字でも勧めてみようかしらん。


2010/Jun/11

hhhhh.gif   YIS Graduation 2010 の様子【その2】

ゲストは神奈川県知事の松沢 成文氏。決して流暢な英語ではありませんでしたが、立派なスピーチでした。さすが政治家。人前で話すのはなれているんですねぇ。

  IMG_0758.JPG

次の Interlude はサラが絡んでいる「Visual Art Interlude」。この Interlude では先日行われた IB Diploma Visual ArtClass Exhibition 2010 の様子がステージの大画面で上映されました。

最後の「Music Interlude」は卒業生全員による「Wavin' Flags」です。

  IMG_0766.JPG   一応、サラもいます^^;

そして、ようやく「Adress by the Headmaster(校長先生のお話)」と「Awarding of Diploma(卒業証書授与)」。これが長かった〜。一人一人、卒業後の進路や将来の夢が紹介されてから、ステージにあがり、そこで校長先生と握手して、写真を撮って。。。という手順を踏むんだもの、そりゃ時間がかかるはずです。でもね、18 歳の若者一人一人の夢を聴くのはいいものですねぇ。。医者、薬剤師、宇宙関係、政治家、ミュージシャン、アーティスト。。。みんなそれぞれ夢があって、人生これから!なんですよ。前途洋洋たる未来が待っているんですね〜。うらやましい限りです。卒業後の進路も、アメリカ、ヨーロッパ、カナダ、日本、オーストラリアなどなど、世界にわたっており、まさにインターナショナルスクールならでは。みんな本当に頑張ってほしいものです。

  IMG_0775.JPG  待機中

で、いよいよクライマックス。卒業生がステージにあがって帽子を投げるセレモニー。が、、シャッターチャンスをのがしてしまい、写真はありません。あーーー残念!!!

  IMG_0778.JPG  帽子を投げた後、みんなでハグ!

とても、すてきなセレモニーでしたぴかぴか(新しい)
タグ:写真

hhhhh.gif   YIS Graduation 2010 の様子【その1】

昨日の卒業式。19:00に始まって終わったのが21:00過ぎ... とにかく長かった〜

まずは、High School Concert Band が演奏する "Theme from Jupiter" で卒業生入場。

  IMG_0753.JPG  卒業生入場

そして「Welcoming Speech」、「Presentation of the Senior Gift(卒業生から学校へのプレゼントのプレゼンテーション)」、「Theatrical Interlude」と続きました。この「Theatrical Interlude」ではオスカーワイルドの「The Importance of Being Earnest(真面目が肝心)」という喜劇を卒業生の代表2人が演じ、拍手喝さい!すばらしかったです!

拍手喝采のあとは、日本の学校の卒業式のように普通に「Senior Speech(卒業生の代表のスピーチ)」。ユーモアを織り交ぜた堂々とした楽しいスピーチでこれもよかったなぁ。。外国人ってのはなぜあんなに話すのが上手なんだろか。。。うらやましい。。。

そして「Musical Interlude」では女子数名の卒業生がアカペラで「The Climb」を熱唱。歌もさることながら、みんな英語がうまい!。。。って当然か^^;

  IMG_0754.JPG  Acapella Choir

【続く】

2010/Jun/10

hhhhh.gif   本日、High School Graduation

ついに卒業です。本日 19:00 から卒業式。
14年間、本当によくがんばりました。

サラが小さいときは、毎朝早起きしてサラを学校(幼稚園)まで送り届けてから会社に向かい、そして帰りは私の母に週に 2 回、元ダンナのお母様に週に 2 回、そして週に 1 回はシッターにお迎えを頼んでいました。今以上に大変な日々だったけど、ここまで仕事を頑張ってこられたのも、そしてサラがハッピーに過ごせたのも、双方の親の協力があったからこそ、、、本当に感謝です。

また、何をもって普通というのかは分かりませんが、ウチの家庭環境は普通とは違います。でも、そんな中、曲がらずに素直に育ってくれたサラにも感謝です。

ようやく少しだけ肩の荷が下りた感じです。

2010/May/25

hhhhh.gif   最後の Field Trip

昨日から Sara は最後の Field Trip に行っています。

小学校 5 年生から始まった Field Trip。日光、京都、屋久島、高山、伊豆、福島など、年に 1 回 8 年間にわたってさまざななところに訪れてきましたが、最後の Field Trip は長野の Northstar Adventure Centre ってところです。いろんなアウトドアアクティビティを体験してくるそうです。

高校 3 年生、18 歳、まさに青春真っ只中。今頃楽しんでいることでしょう。うらやましい。

一方、私ときたら。。。昨日は一日パジャマでダラダラ仕事しながら過ごしました。今日はさすがに「パジャマ」はないでしょうと反省し、着替えて、「相棒」を見て、マッサージに行ってきました。。。もちろん、仕事はしていますよ。

よし、明日は掃除をしよっと!ってか、その前に仕事仕事。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。